お米をお届けするまで
 
​仕入れ

全国から届くお米は、鮮度を保つため、全て玄米の状態で仕入れています。

[白_haku]で販売するお米の銘柄は、あらゆる産地や銘柄から吟味し、約10種類に絞り取り揃えています。

全国から届く定番の銘柄を始め、関西では、車を走らせ、農家さんへ直接仕入れにも伺います。

​低温倉庫で保存
精米を行うまでの間、仕入れた玄米は大型低温倉庫に運び込みます。
倉庫の中は、24時間体制で「温度・湿度・衛生面」が常に管理されています。鮮度を左右する、お米に含まれたたんぱく質を損なわないよう、倉庫内の温度を15℃以下に保たせています。
精米 2​ 日前に常温で寝かす
急な温度変化は、お米の負担になるのですが、精米時はどうしても、米どうしの摩擦による熱が発し、一気に温度が高くなってしまいます。
そのため、少しでも緩やかな温度上昇を促すように、精米日から2日前に、倉庫から自社工場へと運び出して常温で寝かします。 
​様々な選別機
工場内では土足厳禁で、清潔な作業着は基本。常に衛生面に配慮しながら作業しています。
 
色彩選別機・金属探知機・低重波装置・小米抜き機の中をくぐり、不純物を徹底的に取り除いています。
​精米・ブレンド
特にこの作業は、長年の経験が必要とされるため、専門のスタッフが従事しています。
 
[白_haku]では少量の精米の場合、小型精米機を使用し、手作業で精米・選別を行います。〔白米・7分つき・5分つき・3分つき〕も承ります。